Team KAGAYAMA/RIDEWIN リムデカールKIT

どうもライドウィン野口です。 本日はTeamKAGAYAMA/RIDEWINリムデカールのご紹介です。 コチラです! 色はブラックとホワイトの2色です。 密かに製作して密かに売っていました笑 密かすぎてあまり売れていません笑 と思っていたら、現在…

週刊!? ハヤブサを作ろう 其の1

どうもこんにちわ。 RW野口です。 この企画は私事ですが、ネタになりそうなのでこちらのブログでいろいろ書いていこうかと思います。 週刊とありますが、毎週毎週ネタがないとおもいますので不定期になると思いますが書いていこうと思っています。 ハヤブ…

カタナマミレに参加してきました。

先日の9/6に南箱根にあるバイカーズパラダイスさんで開催された”カタナマミレ”に参加してきました。 ライドウィンからはTOT車輌のGSX1000R KATANAの1-3号機と新型KATANA GSX1000Sの4台を持ち込みました。 1,2,3号機が揃…

CBR250RR 其の3

こんにちは。RW野口です。 本日は例のCBR250RR(MC22)に耐久スタンドフックを取り付けです。 コチラはJSB車輌です。今回はこのJSB車輌に使っている物と同じ物をCBRに取り付けたいと思います。 このCBR、スイング後端の長さも左右で違…

CBR250RR 其の2

CBR250RR 前回(かなり前ですが・・・)フレームのみで採寸した部品たちを組み付けます。 JSB用のフォークブラケットに、TKオリジナルステムシャフト。こちらは、可変オフセットとなっていますが、今回は28mmとしました。 フロントフォークは、FGR!! そ…

RS125とVM34

HONDA RS125(91年式)の組み立ては、着々と進んでいます。 タッチの出なかったRマスターは中身を新品にして、復活! そして、先日キャブレターのガスケットが入荷し、組み立て。 RS125なのに、何故VM34?? というのは、ちょっと置いといて・・・。 すぐに…

Z1R

先月末にお預かりした、Z1Rを昨日納車致しました。 バッテリーや、ハンドルSWも交換しましたが、メインはCRキャブのアイドリング不良の改善でした。 先ずは、キャブのOH。 洗浄・調整は行いましたが、特に問題無さそう・・・ で、取り付けて様子を見ましたが…

SUZUKI車用 耐久スタイルスタンドフック

こんにちは。ライドウィン野口です。 今回は新製品の耐久スタイルスタンドフックプレートのご紹介です。 TEAM KAGAYAMA車輌で使用中の物を参考に製作いたしました。 とりあえず見本用にブラックxブルーでアルマイトしました。 New KATA…

最後の2スト!?その3

Ninja150RR、リヤ周りは9割完成。 リヤキャリパーブラケットの追加工も上手くいきました。 後は、チェーンの交換のみ。 フロント周りも、 ハンドルは、うちに有ったφ43用にスペーサーを入れて装着。実走してポジションを確認し、その結果でハンドル(角度や…

88NSR250 Fフォーク

こんにちは。ライドウィン野口です。 今日はNSRのFフォークをキレイにしてみました。 キレイにするといっても今回は磨き倒さずにきれいにしてみました。 現状はコチラ。。。 まぁ32年前のバイクですしこんなもんですよね笑 今回はウエットブラストでキレ…

最後の2スト!?その2

Ninja150RR、進めています。 ステム、FFに加えて、ホイルとキャリパーも全て最新型Ninja250となりました。 キーシリンダーも、ちょっと加工を入れて取り付け。 カウルステーは、ステムの両サイドをカットし、 取り付け完了。若干、スッキリしましたかね。 …

最後の2スト!?

カワサキ最後の2ストと呼ばれるNinja150RRを、お預かりしました。 カスタム内容は、Ninja250用ホイルの換装です。 もちろんリム幅は、ワイドになります。 寸法測定の結果、リヤはSWAはそのままに、ホイルと関連部品の加工で取り付けが出来そうでした。 がし…

チタン製???

本日、βTitanium様からこちらが届きました。 何だか解ります? 元の部品はこちら。 ・・・。 そうです、アイドルアジャストスクリュー(TMR・TDMR用)です。 βTitanium様のお客様が考案されたデザインだそうです! カタナ3号車に装着! 興味のある方、御一…

カタナ3 筑波テスト

カタナ3号車、復活しました。 ・・・ご存じないかと思いますが、実は3月に行ったテストで転倒し、まあまあ壊れてしまいました。 タンク・フレーム・ホイル・ラジエターなどを修理・交換するついでに、マフラーはチタンフルエキに、リヤスプリングのレート…

【工具】STAHLWILLE編

RIDEWINの浦井です。 今回はSTAHLWILLE(スタビレー)のトルクレンチの紹介です。 感覚だけでボルトの締め付けを行っていませんか? 締めすぎてボルトをねじ切ってしまったり、緩くてボルトが脱落してしまったり... ご自分でオイル交換をする方も多いと思います…